26-1.jpg26-2.jpg26-3.jpg26-4.jpg

彫金と陶 ちいさな世界展 2017/07/24
開催期間 : 7月28日(金)〜8月28日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )
作   家 : 竹内 尋教 ・・・ 彫金作家。 彫金と天然石を用いて、植物・昆虫・絵画的小さな世界 等をデザイン
                 したアクセサリーを創作。 各地で作品を発表。
        水野 里香 ・・・ 陶芸作家。 独創的な発想で、小さな世界を陶の作品で創作。 各地で作品を発表。
作品展の内容 ・・・ ★ 物語性と動画的楽しさに溢れた二人のコラボ作品 ( 室内の一場面や建物を陶と彫金で制作した
                    飾ったり使ったり楽しさいっぱいの作品 )
            ★ 竹内 尋教制作の彫金と天然石のアクセサリーの作品 ( 植物・昆虫・小さい生き物 等のモチーフに
                    加え、アンモナイトや化石をデザインした新作 )
            合計250点ほどを展示・販売します。
    ☆ 期間中、お手持ちのアクセサリーのリメイクも承ります。

                      [ オーナーの俳句コーナー ]
                            あずさ号待つも楽しき夏帽子     難波 一球

25-1.jpg25-2.jpg25-3.jpg25-4.jpg

焼き締めの器 展 2017/07/03
開催期間 : 7月7日(金)〜7月24日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )

作   家 : 大橋 睦 ・・・ 陶芸作家。 2003年北杜市武川町に穴窯築窯。 「 陶房窯八(かまはち)」 を構える。
            土の持つ「土味(つちあじ)」を大切に、地元の赤松を薪に使い、5日間穴窯でじっくり焼いて、
            様々な形の器を主に 焼き締めで作っている。
            県内外で、個展・グループ展を開催。 また、飲食店からの受注生産も行っている。

作品展の内容 : 薪窯で焼いた炎のエネルギーをたっぷり吸いこんだ 「焼き締めの器」 は、素朴で力強い風合いが
         特徴です。 皿をはじめ カップ や ポット、花入れ、酒器など、新作 120点 を展示・販売します。
         器を手に取っていただきながら、窯の中で土から器へと移り変わる息吹を感じていただければ、幸い
         です。

                       [ オーナーの俳句コーナー ]
                             師の墓の腰の高さの草を引く     難波 一球

24-1.jpg24-2.jpg24-3.jpg24-4.jpg

鉄をたたく 展 2017/06/12
開催期間 : 6月16日(金)〜7月3日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )

作   家 : 中澤 紗織 ・・・ 鉄造形作家。 多摩美術大学大学院彫刻科修了。 鉄の工房 「アトリエベガ」 にて
             鉄の技術を学ぶ。 2011年独立し、鉄の工房 「Tofon(トホン)」 を立ち上げる。
             都内・県内でグループ展参加。 ギャルリーアビアントでは、2回親子展を開催。
             今回は、初の個展となる。

作品展の内容 : 800℃ に熱した赤い鉄を、叩いたり つぶしたり 創造的な形を探求し、生まれた作品。 
        壁掛け・オブジェ・器を 30点ほど展示・販売。 叩くことで生まれる鉄の様々な表情を作品に表現。
        壁掛け・オブジェは、ウエイトとしても使えます。 
        クラフト作品の他、鉄を使って制作した家具、一部オオタマサオ氏 (造形作家) とのコラボレーション
        で制作した鉄と古材を使ったテーブルとシェルフ 2点も展示・販売。 
        期間中、家具などの注文を承ります。

                     [ オーナーの俳句コーナー ]
                           悠然と山路の牡鹿梅雨晴間     難波 一球

23-1.jpg23-2.jpg23-3.jpg23-4.jpg

手しごと展 2017/05/16
開催期間 : 5月19日(金)〜6月12日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )
作  家 : 宮崎 けさ江 ・・・ ニットデザイナー。 ニットスクール 「アトリエ・ラム」 主宰。 伝統ニットから現代
            服飾と幅広いデザインを、多種使いの糸で制作。 ギャラリー・百貨店 等で作品を発表。
       標(しめぎ) ルミ ・・・ ビーズアクセサリー作家。 女子美術大学卒業後、ヴェネチアンビーズを
            中心とした個性的なビーズを用いたアクセサリーを制作。 各地で作品を発表。
       山主 郁子 ・・・ 陶芸作家。 山梨県内で美術教員を続け、退職後甲府市に築窯、陶芸教室を
            開設。市内・鎌倉・パリ 等で作品を発表。
       ワタナベ トモミ ・・・ 布モノ制作。 シンプルであり主張はしないが存在感のある素材を大切に
            したモノ創りを制作・発表。
作品展の内容 : 「手しごと展」 テーマ 〜花〜 4人の女性作家が 「花」 をテーマにして、作り上げた作品展。
       ニット作品 ・・・ シルク・麻を中心に手編みのベスト・チュニック・セーター。ポリプロピレンの
            バッグ・帽子・ストール 等。
       ビーズアクセサリー ・・・ ヴェネチアンビーズや個性的なビーズを用いたオリジナルアクセサリー
            (ピアス・ネックレス・イヤリング・ブローチ・ブレスレット 等)
       陶 器 ・・・ 信楽の土を使って、使い易く美しいあそび心の感じられる 食器・花器 等。
       布モノ ・・・ リネンと綿を中心に、ワンピース・ブラウス・パンツ・スカート・鞄 等。

                      [ オーナーの俳句コーナー ]
                             田植機の音繰り返し繰り返し     難波 一球

22-1.jpg22-2.jpg22-3.jpg

藤田 泉・あかま きみこ 版画と詩のこころみ展 2017/04/01
開催期間 : 4月28日(金)〜5月15日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )
作   家 : 藤田 泉 ・・・ 木版画家。 国画会会員。 静岡県立美術館木版画インストラクター。 サロン・ブラン美術協会
                委員。 版画教室 「楽辿塾」 主宰。 2016年より北杜市小淵沢にアトリエを構える。
                国画会、日仏現代国際美術展で多数受賞。 国内外で個展多数開催。 国内外の美術館で作品を
                収蔵される。
        あかま きみこ ・・・ 詩人。 日本女子大学大学院 文学研究科日本文学専攻。 子どもの発達学習研究所
                ユレーカ所長。 帝京学園短期大学保育科准教授。 北杜市在住。 学生時代より三行詩に
               心象風景を綴る。 藤田 泉氏の版画に触発され、この度初の詩集を出版。

作品展の内容 : 1) あかま きみこ 初出版詩集 「ただ そこに いつもの場所に」 の中からの三行詩と、藤田氏の
             木版画を挿画として綴った作品の展示。 テーマは、 「何気ない日常」 を表現する 「こころみ
              (試み)」 。 パネル展示 21点ほど。
           2) 藤田 泉 の 「生きる」 ことを訴求した木版画作品。 額装展示 20点ほど。


       ☆ 木版画・詩集・ポストカード の 展示・販売をいたします。

                   [ オーナーの俳句コーナー ]
                         初燕高原の駅動き出す     難波 一球

21-1.jpg21-2.jpg

2017年 スケジュール 2017/01/04
 新年明けましておめでとうございます。 皆様には良いお年をお迎えになられたこととお慶び
申し上げます。 2017年は、以下の作品展を予定しております。

 4/28〜 5/15  木版画 と 三行詩展  ( 藤田 泉・赤間 公子 )
 5/19〜 6/12  女性作家4人展  ( 標 ルミ 「ビーズアクセサリー」・ 宮崎 けさ江 「ニット」
                         ・山主 郁子 「陶芸」・ワタナベ トモミ「リネン服・小物」)
 6/16〜 7/3   鉄の彫刻 と クラフト展  ( 中沢 紗織 )
 7/7 〜 7/24  器 展  ( 大橋 睦 )
 7/28〜 8/28  彫金 と 陶 二人展  ( 竹内 尋教・水野 里香 )
 9/1 〜 9/25  フェルトワーク展  ( 栗原 史子 )
 9/29〜10/16  着物地で創る服展  ( 松村 智佐子 )
10/20〜11/6   草木染・織と編 展  ( 栢森 美津江・岡村 紘子 )


       [ オーナーの俳句コーナー ]
             富士よりも高く振り上げ鍬始     難波 一球

20-1.jpg20-2.jpg

着物地で創る洋服展 2016/10/10
開催期間 : 10月14日(金)〜11月7日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )

作   家 : 松村 智佐子 ・・・ 服飾作家。 上田安子服飾学院デザイナー科卒。 アパレルメーカー(株)イトキン へ
               デザイナーとして入社。 退職後フリーとなり、数社のアパレルメーカーでデザイン・企画に
               携わる。 1983年から主に着物地を素材とした服創りを始め、東京・大阪・金沢 等各地で
               作品展を開催。

作品展の内容 : 日常着をテーマに、コート・ジャケット・ワンピース・ブラウス・ベスト・パンツ 等を展示・販売。
          着物の素材や柄を生かしながら、今装う服に創りかえ、日常着として袖を通す機会の多い洋服に
          仕上げた作品。 大島紬・結城紬・縮緬・小千谷縮 等秀れた伝統技術の染め、織の素材を生かした
          作品は、どれも現代感覚にマッチした着易い服です。

                 [ オーナーの俳句コーナー ]
                        熟れ柿や蔵にいまなほ武田菱      難波 一球 

19-1.jpg19-2.jpg19-3.jpg

大野 真貴 油彩展 2016/09/20
開催期間 : 9月23日(金)〜10月10日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時オープン )

作   家 : 大野 真貴 ・・・ 油彩画家。 1981年女子美術短期大学卒業。 日本美術家連盟会員。 現代美術家
                協会展・女流画家協会展・写実画壇展に出展。 2006年から、個展多数開催。

作品展の内容 : 野辺山を中心に八ケ岳の四季折々の自然を描写。 二党の愛犬と共に、豊かな美しい自然を求めて
         八ケ岳に通うようになり、いつしかその息吹を少しでも描きとめられたらと思うようになる。
         今回の展覧会では、そうしたきっかけを元に生まれた油彩画を24点 展示・販売します。
         会場では、いながらにして八ケ岳の四季の清涼感溢れる豊かな自然を満喫していただければと
         思います。 作品のサイズは、20号〜SM まで。

               [ オーナーの俳句コーナー ]

                     高原の蜻蛉いつも風の中     難波 一球

18-1.jpg18-2.jpg18-3.jpg

稲山貴栄 x 池谷美咲 二人展 (ガラスと服とバッグ展) 2016/08/30
開催期間 : 9月2日(金)〜9月19日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )
作   家 : 稲山 貴栄 ・・・ ガラス工芸作家。 ポリシリケイトガラスを用いた作品を制作・発表。 ポリシリケイトガラスは
                普通のガラスと比べ、軽くて強く、透明度が高い。
        池谷 美咲 ・・・ 服飾作家。 ファッションクリエーターとして、パタンナーやデザイナーとして仕事に携わった
                後、独立して「MISABAG」を立ち上げる。 バッグの作品は、多くのファンに支持されている。

作品展の内容 : ガラス ・・・ 2500℃ の炎の中でモチーフの花をガラスの内に閉じ込めて創る。 今回は、従来のアク
                セサリーに加え、流木と組合わせた新作を多数展示・販売。
           服とバッグ ・・・ 秋色を取り入れたハーフリネンのワンピ−ス(シンプルでオリジナリテイ のあるデザイ
                ンでスタイルを選ばず広い世代に着られる服)。 トートバッグ、様々な柄のクラッチバッグ、
                スエード小物等を展示・販売。

                     [ オーナーの俳句コーナー ]
                          池の景整ふ鴨の渡り来て     難波 一球

17-1.jpg17-2.jpg

彫金 と 陶 二人展 「小さな世界」 2016/07/26
開催期間 : 7月29日(金)〜8月29日(月) ( 金・土・日・月 11時〜17時 オープン )

作   家 : 竹内 尋教 ・・・ 彫金作家。 彫金と天然石を用いて、植物・昆虫・絵画的小さな世界 等をデザインした
                アクセサリーを創作。 各地で作品を発表。
        水野 里香 ・・・ 陶芸作家。 独創的な発想で、小さな世界を陶の作品で創作。 各地で作品を発表。

作品展の内容 : 二人のコラボの作品は、独創性に優れたオブジェの数々である。 室内の一場面を切り取ったり、
        繰り広げられる小さな世界からは、見る人の心を魅了してやまない物語性が広がっていく。 
        コスモスとクマンバチの作品は、光を受けて繊細に輝く花びらを銅板で巧みに仕上げている。 
        蜜を集めるクマンバチの躍動感も見事である。
        合計 250点 ほど 展示・販売する。
         期間中、お手持ちのアクセサリーのリメイクも承ります。

                [ オーナーの俳句コーナー ]
                      帰省の子寝ても覚めても眠るなり     難波 一球